syoulについて · 08/17/2022
ジムジャームッシュ監督の「ストレンジャーザンパラダイス」という映画があります。 主人公の何気ない日常を切り取った、何気ない映画。 特に事件が起きるでもなく、淡々と進んでいきます。その結末は…。 cleavelandがきっかけで観てから、僕の好きな映画の一つになりました。 cleavelandのデザイナーが評するに、「何も起きない映画」。...
取扱いブランド · 08/08/2022
手塚治虫の不朽の名作、「ブラックジャック」の主人公は孤高の天才として描かれていますが、 決してパーフェクトな人物ではなく、時に苦悩し、様々な場面で心が揺れる様が描かれ、実に人間的魅力に溢れています。...
07/11/2022
ストアのコンセプトを刷新いたしました。 「feeling uncomfortable」 理由は色々あるのですが、まずオープンから1年経って自分の心境の変化があったことと、 その間、色々な人々と出会って刺激を受けたり、アドバイスを頂いたことが大きいです。...
syoulについて · 07/08/2022
イベント「Less but better」について 最近では購買層が一般化し、ファッションの選択肢の一つとなったオーバーサイズ。 しかしながらブームとして切り取られた結果、あまりにも目にすることが増え、少し食べ飽きたというか、一種の飽和状態であることも事実だと思います。...
取扱いブランド · 02/06/2022
新進気鋭ブランド、satouについて思う事
取扱いブランド · 02/03/2022
DIGAWEL22SSと、×URU TOKYO
DIGAWELの今季22SS一押しが入荷
syoulについて · 01/23/2022
向き合う。
un/unbient · 09/29/2021
元ネタをしっかりと消化したunbient pullover shirt
un/unbient · 09/22/2021
ヴァルーズを手に入れた。
un/unbient · 08/08/2021
un/unbient pullover shirt①
un/unbient syoul別注pullover shirt 店主がずっと欲しかった名作をオリジナルファブリックで制作頂きました

さらに表示する