· 

un/unbient pullover shirt➂

un/unbient pullover shirt③

 

その後、どうにかしっくりこないのを解消するべく、マルジェラのコレクターにはめちゃくちゃ怒られそうな暴挙、着丈詰めを敢行するものの、結果は変わらず。

 

さらに僕自身が太ってしまい、着脱に苦労するようになる有り様で、ほぼ着ることが無くなってしまいました。

苦労して手に入れたので簡単に手放す事もできず、タンスに眠ることになりました。

 

それから数年、自分のお店を開くことを考える様になり、漠然と、ヴァルーズを何かしらの形にして、男性向けのサイズ感で店頭に置きたいと思う様になりました。

そして、un/unbient2021年SSの展示会シーズンで、ヴァルーズと再会を果します。

 

正直、2年前あたりから特に顕著にヴァルーズのモチーフは様々なブランドでデザインソースとなっていました。

しかしながらこれだ、と思えるものはなかったのと、襟付きタイプはよく見かけましたが、プルオーバーの襟なしのタイプは中々見かけませんでした。

 

そんな中でunbientのものは、ブランドの定番シャツのディテールを効果的に盛り込みながら、特徴である深いVネックのプルオーバーを上手く採用していました

サイドに深くスリットが入り、長めの着丈はフロントよりもバックサイドの方が長くなっています

また裾はフロントはラウンド、バックはボックスです。

袖はシャツ袖を採用し、肩のヨークからはタックが2箇所取られ、このブランドのシャツらしい立体的な肩周りから袖口までのシルエットが美しいです。

何よりもオリジナルを着用した際一番きになった、深いVネックの部分のもたつく感じが解消されているのに感動しました。

しっかりunbientらしさを投影したプロダクトに好感が持てました。

 

そして、当店別注として僕の考案した柄を載せたスペシャルな生地で生産いただくことになりました。

柄は僕が大学生の時に着用していたジャケットを思い出しながら、そのジャケットの変則的なピッチのボーダー柄を採用。

 自分の思い出を凝縮したヴァルーズを制作して頂きました。

正直、色々な思いが乗りすぎて、かなりクセの強いアイテムになってしまいましたが、自分にとってとても素晴らしいものになりました。

 

春夏の素材のアイテムですが、秋口に半袖Tシャツの上に着て頂くのも良いですし、

丈が長いので冬はインナーとしてアウターの裾から覗かせるのも楽しそうです。

 

また、別注ではございませんがインラインから秋冬仕様のライトウールサージ素材の物も入荷しております。

こちらは秋冬らしいとても素敵なファブリックですので、そちらも合わせてご覧ください。

 

 

商品ページはこちらから